2017年10月16日月曜日

つつまれて / Wrapped in light.

絵画素材 墨・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

つつまれて  / Wrapped in light.


たたずむヒトリ

声にならないんだ 届かないよ

おいてかれてる


どうしようもない

誰もわかろうなんてしないし

そもそも

存在を認識しているのか どうかなんて確かめても

しょうがないコトくらい 知っている


いつも

雨にフラれながら イキている

冷たいのは二の次で どう乾かそうかしか考えてない

濡れない方法なんて

カミサマに教えてもらえばイイじゃない


いつでも 連れってもらえるよ

キミがイイ人なら

そう

教えられたんじゃないの お気楽なオトナから


それでも

荒んでるボクをみて アナタは微笑むんだ

あたたかなヒカリの粒が

包んでくれる


ボクの影は トケテいく

その中に







2017年10月9日月曜日

惑うおもい / Feelings be puzzled

絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


広がるのは迷いばかりで

いつものことだと

あきらめる


とまる想いと やまない風は

強さを増すばかり

昨日決めたんだよ 今日はやめとこうかな 明日はきっと…

そんな繰り返し


回る

吹く

スギサル

それでもワタシは


去ったものは シカタナイと

まともに受ければ ウシナッテいく

くるくるずっと動いてると ギシギシキシンデく


劣化

損傷

風化

積み上げてくつもり それでも

決めたんだ 何度でも ええやないの そのうちわかる


自分であるなら 信じればいい

それでも

迷うこともあるだろう

あたりまえ


もう

そう思えれば

咲かせた

キミにまた会える







2017年10月2日月曜日

触れたいヒラヒラ / I want to touch the tail fin.

絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

触れたいヒラヒラ / I want to touch the tail fin.

ひろがる声は

聴こえない

こもってる 小さくアワがはじけた


どうしようもない日常

どうにもならない感情 どうしてだろうかと狼狽

どうしようか明日

うまくなんて行かないんだから


ソコから揺らぐ水面見てた

キミの手冷たくて

白いんだね


青い空に 浮かぶ雲

タユタウ光は まぼろしなのか

まなざしは遠く


もう少し伸ばしてよ

冷たくて 気持ちよくない?

すくい上げてくれたら つれていくよ


見たことない

感じたことない

世界を

二人で作れないか


聴こえてくる

水音に

喩えながら








2017年9月25日月曜日

朝になく、夜にあるく / Crying in the morning, Walking in the night

絵画素材 墨・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


きこえる

今日はどこへいくの 誰に会いにいくの

届くかな あなたに

毎日不安だ


すぐに聞いてもらいたくて

すぐに会いたくて すぐにトンデ行きたくて

あせる

ダメだないつも


頭ではわかってるつもりなのに

チープなコトバは 過去を引きずって

カラダはもつれながら 目的見失って進んでく

誰か

教えてくれないか


生きる場所

そんなのそのうち見つかるさ 結果論だろ結局そんなのは

コツコツ コツコツ コツ

ってきこえたら


行こうって

誘ってくれるんだ きっと でもダメだよ いつまでも 

見つかるのさそのうち

道なんて

どんな形でも


あるいてゆける













 

2017年9月18日月曜日

さしのべる手 / Hand reaching out

絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


きのうにさらされて

輝いて見える あなたの笑顔

ツラいことも なかったように 感じにさせる

柔らかいひかり


どこへいったの

どこへいきたいの どこへめざすの

どこかわからなくなる

歩む道


迷いながら もがきながら

年数だけが積み重なる


いつまでやってんだ いつまでかかってんだ

今からじゃ遅いだろ

今からじゃ得しないだろ

今からじゃ意味ないだろ


忘れたよ そんなこと

もう何回目だろうか 転んだの

生きてる限り立ち上がる そんな勢いだけれど

伸ばした手


いいかな

つかまっても

重いのは一瞬だから しっかり立ち上がるから

あしたに

会いにいく












2017年9月11日月曜日

みずたまもよう / Polka dot〜Giraffe〜

絵画素材 墨・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540 


見つめてる彼女

くだらない なんて思われてんのかな それともウザなんて

蹴飛ばす気かな

空に近い


あおい日もあれば 灰いろな感じもある かと思えば

どしゃ降りのなか

待ってる


じっと

でもココじゃダメなんだ 遺伝子が云っている

知らないけれど

ココじゃこれが精一杯なことくらい わかってる


首長くして

遠くのソラ見つめて

そのうち行けるんじゃないのかな なんてバカなこと考えて

それでも


あおにとけたくて

灰いろにタユタイたくて 激しく流れたりもしたい

自由がいいなんて思わない

あいされるなら

いいんじゃない


今日も明日も明後日も 笑顔は絶えず流れてく

それがオモシロかったり

元気になれたり はげまされたり

彼女はきっと


知っている

ここにいようと してること

一生懸命だ

ほら水たまがキレイ







2017年9月4日月曜日

夏の終わり、透けて見えたソラ / The end of the summer, sheer sky seemed.



絵画素材 墨・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper  380×270

夏の終わり、透けて見えたソラ / The end of the summer, sheer sky seemed.


羽が落ちた

ソラ高く 雲はない

振り返る いい汗だなんて いい光だなんて いい出会いだなんて

もう歳なんだなんて


邪魔しないで ヒトリにさせて 誰からも疎まれることなく


イキタイなんて 思ってない

精一杯叫んでる


誰にも邪魔させない

そんなの当たり前で 当たり前じゃない この世の中で

誰もいない場所では 生きて行けない


わかってるよそんなの

誰も弔いなんて しないことくらい

砕け散るだろうな きっと


流すために叫んでないよ

燃え尽きるだけだから 声が出なくなるだけだから

当然のことだから


また会おう

なんてわからない 次のカタチ

希望とキヲクと欲望は 憶えておきたいもんだね


キミを見つけられるように



 

2017年8月28日月曜日

無限の入口 / Infinite entrance


絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper 380×270


見たことない

いろ かたち におい

ふれて

かんじて


ほら見えてくるだろ

決まってなんかない 見逃さないで 見下ろしてないで

目の前にある宝物 見えてないんだね

興味ないなんて

強がって


悔しくて ナミダ出る そんなヒトリの時もあるさ

ほら笑って

走って 飛んで 動き出せた


見つけたのは キミで 見上げたのは

ボクだった

ココからはじまる

見つめて


ヒトまかせの ミライなんて

要らないだろ

創ろう


無限のワールド




 











2017年8月21日月曜日

散るか、流れるか / Withering, flowing


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


もう陽は入った

少しは優しくできるかな

舞う埃の中で 汗かきながら前見てる


キミがいない夜は 少し涼しくて

広く感じるこの部屋も

照りつけられたコンクリートの上

想像できなかった


淋しさも 苦しさも 痛みも

シミル煙も

泪で流れてく


少しは洗えたかな

うるさく回るだけあるのかな

ガタガタ揺れる扇風機くらい なんとか果たしてるって感じかな

付いたシミは痕が残ってる


背中にかいた汗 べっとり付いてくる 暗くなってもなお

襲われる気怠るさ

もう帰ろうと飛んでいったカラスは 花弁を散らし

羽は舞う


キミはマッテいるだろうか

かえれないボクに

手を

さし伸べて











2017年8月13日日曜日

第4夜〜最終話〜 輝きを放つため / In order to shine. 4 night〜Thelast night〜


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


第4夜〜最終話〜 輝きを放つため


なんだろう、声なのか…?

『あなたは夜の使いになりました、星たちのために夜を創り続けてくださいね』


なんだかわからないけれど
楽しい


でも
いつものところにはきっと帰れないんだろな


でも
あいつらのことはココからたまに見れそうかな


でも
さみしくもなるかな



星たちは

イッセイに輝きはじめ

歓迎しているのか励ましてくれてるのか


そう
ボクは駆け巡る


空の黒は輝きを放つため



きっと

星たちのキレイな輝きを見せてあげられる










2017年8月7日月曜日

第3夜 輝きを放つため / In order to shine. 3 night

絵画素材 墨汁・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


第3夜 輝きを放つため


そのうち空は明るくなり

太陽が追っかけてきた

もっと駆けたい、この夜を黒いままにしておきたい

そう思った瞬間

シッポの先が黒く広がりはじめた

太陽が追っかけてくるが光はまだ弱い

弱い光ならこのシッポでかき消すことができる!


光をかき消しながら

夜を深くするために、必死で空を駆けまわった

星が次々と巡ってくる


くわえた光のカケラは、星に近づくと光が強くなり

目をつむって思わず飲み込んでしまった。。。


あれ?

どこからか声が聴こえてくる



ラストナイト 第4夜へツヅク…








2017年7月31日月曜日

輝きを放つため 第2夜 / In order to shine. 2 night


絵画素材 墨汁・画用紙 380×270

Painting material India ink, drawing paper 380×270





輝きを放つため 第2夜


それをくわえて見ると

輝きは増して、しばらくするとボヤッとした明るさになった


ナンだろうこれ

すこしさみしげに感じる


そういえば昔ジィーさんに聞いたことがあったっけな

たまに流れて落っこちてくる空からの落し物があるって

それを持っていれば空へ行けるとかどうとか


そんなことを思い出しているうちに

フワリと体が浮いてしまった。。。

手足を動かし、モガいてみたんだけれども

浮きながら前へ進んじゃう


面白くなってきて

黒い空をモガきながら駆けてみた


                 第3夜へつづく。。。






2017年7月23日日曜日

輝きを放つため 第1夜 / In order to shine. 1 night


絵画素材 墨汁・画用紙 380×270

Painting material India ink, drawing paper 380×270


輝きを放つため 第1夜


ある日カケラを見つけた

やけにキラキラとして それはとても魅力的だった…


いつもの塀の上

いつもゴミだめになっている路地

いつもキャーキャーと追いかけられる道

これがいつも歩いてるナワバリだ


歩いているだけでも 危ないことは毎日で

エサの取り合いに ナワバリ争い


そんなのとは別に 

仲間だけでなくライバルたちも あっけなく

ヤラレテしまう敵がいる

それは

ものすごく速い 大きな鉄のカタマリ

時には 細く速いヤツもいる


そして

ナキガラをただ、ただ黙って散っていくのを

見届けるしかできない…


でも

いなくなるコトが いつもワルい出来事でもないんだ

そんなカナシイことばかりでもなく

誰かに拾われることもあるわけで

たまにサミシクなるけれど


いつもの夜道を歩き

頭の中でぐるぐる そんなことが回っていたら

ふと目の前に すごくヒカルものが落ちている



第二夜にツヅク…










2017年7月13日木曜日

それでも咲いてる / Still trying to bloom.


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540 

Painting material India ink, drawing paper 380 × 540



溶けていく

不安で不安でしかたないよ

ままならない

何も成せなくなる


地に伏せたとしてもそこにいる

何処へも

行けないのか  行かないのか

あるべき姿なのか

其れは

見る人が  云えばいい


誰からも愛されず

いいように  云いように  いわれてるだけ

それでもキミは凛として


くじけぬ心

咲いている

羨むべきか  恨まれる様か

だが

綺麗だ


やがて

何処からか聴こえてくる

きっと

ムカエにくる足音

そっと

拾い上げてくれる





 

2017年7月10日月曜日

荒梅雨よ、サヨナラ / Rainy season, Goodbye


絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper  380×270

荒梅雨よ、サヨナラ / Rainy season, Goodbye

また明日

なんて会えるに決まってるから 云えるんだ

何もなければ当然のことだけど

奇跡なんだ


走って 走って 水溜まり蹴飛ばして

なんでこうなるんだなんて

後悔も不愉快も苛立ちも

散った紫陽花みたいに 排水口に流れてく


たどり着いたのは

今で

たどり着けないのは

未来

だから焦る必要なんてなくて 悔しい思いなんて置いていけるんだ


びしょ濡れになったよ

気持ちイイくらい

ギラつく太陽思い出したら どっちがイイか迷うじゃない

温まる気持ち


教えてくれたから

バイバイもオハヨウも 単なる毎日

それが普通だなんて それが掛け替えのないものだなんて

いつのまにか

止んでいる


夜鳴く歌声は 大合唱

眠れないなんて それでも心地イイなんて

飽きちゃうんだけど キミがいないとね

サヨナラできないよ

チャポンって

飛び込むんだ







2017年7月3日月曜日

ホウシ降る夜に / Spores to spread in the forest.


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

ホウシ降る夜に / Spores to spread in the forest.

知らないあいだに

満天の星空

見上げたボクは口開いた


放り込まれたのは 欲望と切なさと空虚

どこまでもフワフワしてる

仕方ないこと なんて云いたくない


冒険にはユウワクが多いもんだ

目移りしてるのは前に進んでいるってことさ

だから負けない

逸らさない

見つめる先


空を切ることばかり 力なんて入らない

何処までいけば 見えるのか

拡散する奉仕ばかりでイヤになる 
おいしいとこだけ持ってくなんて

ズルいや



見えないものに まとわりつかれてく

振り払って 何度でも

いいじゃない


食べてあげるよ 生えてきたら美味しくね

赤いのは刺激的

今は遠慮しておくよ


見上げればソラ

光ってる









2017年6月19日月曜日

吹いたその風は…〜コウノトリ編〜 / The way of the blowing wind.〜Stork〜

絵画素材 墨汁・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

吹いたその風は…〜コウノトリ編〜 / The way of the blowing wind.〜Stork〜

誰も語りかけないで

見上げるソラ 眩しくて

半袖なら日かげは少し肌寒くなるかなんて

懐かしんで ここまで来たんよ


少し見ない間に キミはグウタラになってなかったかい?

こっちは全く暇なくて

忘れることが日常茶飯事 知らない間にナいてたよ


声が届けばいいのにな

目が眠くならなければいいのにな 耳が心の声を聞けたらいいのにね

U.F.O からの信号は頭に直接響くのに


泣いたりした次の日に なんとも言えない

いい風が

きっと気持ちよく ノッテるんだろうな

見えない何かにそそのかされて


久しぶりだから いいやない

冗談も ウソも 真もな

一緒くたにして 失礼なヤツだって やわらかい


笑ってくれる 青いソラ

小さく見える存在は

時をかけて

増えていく


大事なことなんだ







2017年6月12日月曜日

リズム“踏み鳴らす” / Rhythm“To stomp”


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

リズム“踏み鳴らす” / Rhythm“To stomp”


遠いところから 来たんだね

疲れたろ 淋しかったろ 辛かったろ

そんなことばかりじゃないよ

労いの言葉ありがとう


辛さを楽しめば なんだ嫌じゃないんだなんて継続させられて

淋しさを感じさせなければ 孤独が好きなんだと放ったらかし

疲れはもう限界だ それでも笑顔でいればまだまだなんて

弱音を見せると

眼をそらす


何にも要求しないよ

そっと

温かい飲み物あればいい 少し甘いチョコレートと

そばにいるだけで


届いていたら

教えてよ

足もと踏み鳴らして 伝えてよ 寝転がってても聞こえるから

少し起き上がるのに 時間がかかるかもしれないけれど


鳴っている大地 空は光ってる

もうすぐ雨だ

響かせて心

逃げないよもう


ここで奏でられるように

刻むリズム

鳴るもの全てが

唄になる













2017年6月5日月曜日

光の鳴る方へ 〜カメレオン編〜 / To the direction of light shining 〜Chameleon is attracted〜

絵画素材 墨汁・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540 

光の鳴る方へ 〜カメレオン編〜 / To the direction of light shining 〜Chameleon is attracted〜

一人で居たいわけじゃない

考えがまとまらないだけ いつもなんだ 気にしないで

ヤってしまう

許してって思うけど 仕方ないなって感じてる


キミの言うことはその通りだけど

そんな風にはイかないものなんだ そんな風にはナらないものなんだ

今生まれて来て 次の瞬間無くなれば

それはそうかもシンない


ずっとここにいても そんな単純なことじゃないよ

いつものことでもないけれど いつも巡ることでもある

だから 見上げた光

求めるんだ


アフレル輪

ヒロガル輪

トドケル輪

アビテル輪


そこに居れば会えるわけじゃないよ

探さないと

ゆっくりだけど 何処かへ行ってしまう

眩しくても

目を瞑っても

瞼の裏で感じて 薄眼を開けて


追いかけて

掴めないのは当たり前だから

形ないものだから 温かいものだから

フれてたい

感じたい

そばにいたい



2017年5月29日月曜日

探し物はなんですか?(右眼編) / Where is the right eye?

絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper 380×270

探し物はなんですか?(右眼編) / Where is the right eye?

見上げた空は

高く青く広く 残酷だった

こんな日に出なきゃよかったなんて こんな日にどこへ行きたかったんだろうって

いい訳がましい自分がいる


目をつぶり 開けたら無かったんだ

転がってないかなんて

手探りしてみたけれど わからない

こんなに空が高いのに


どうしても見当たらないから

左目をキョロキョロさせてみた 青く澄んでる空気は

少し冷たくて

どうしようもないココロを渇かしてしまったんだ


どこまでも広がる空

飲み込まれて行く錯覚に陥って 声が出ない

モガいて 空をキル

ココは何処なんだろう 綺麗な世界は残酷だ


捨ててしまったんじゃない

迷い過ぎたんじゃない 選び過ぎてもいない

ただ単に

アナタを見つめていたいだけ この光が眩しくて

直視できなかったんだ


理解できた自分を

愛すことはできないかもしれないけれど

記憶ある両目で見た真実と嘘の連続 気にしない

それが常ならば

今から

探しに行くよ


逃げ出した猫のように

右目は

きっと何処かで くつろいでいる

ずっと

見つめてる










2017年5月23日火曜日

出展してました^^👉 第22回オアシス 国際美術展/OASIS 2017 5.19~21

展示会場はOBP ツインタワー21
アトリウム1F特設大ホール(大阪・京橋)

会場入り口壁には、出展している作品ポスターが
ズラリ!

中へ入り、自分の作品を探してみると。。。

あた!

おお、壁ブラックがいい感じ^^

墨絵title:『私の生きる道』

この名札をつけて、三日間会場をウロウロウロ

その間に
スペインとフランスから来られた
この展示会の総合監修
アルフォンソ・ゴンザレス=カレーロ さん

アラン・バザール さん
お二人から有難いお言葉、寸評頂き嬉しいもんです
プロしかも海外の方に評価いただけるなんて^^

そしてなにより
友達や、知り合いや、親しい人や、マスターや、
SNSゲーム仲間や、元職場の人や、現職場の人や、
SNS観てくれている人や、立ち寄った人や、
いろんな人たちが
観に来て頂けました^^

本当にありがとうございました!

来れなかった人たちは
このブログを観ていただいたり、
SNSで検索して頂けたら幸いです。

また来年会場でお会いできるように
頑張らないといけませんね。。。

少しでも、誰かに絵を観て頂きたい
誰かに何かを感じてもらいたい
いつも
そんな思いで出展しています

いつの日か
自分の個展ができるように
行くぜ〜

ありがとう!

2017年5月16日火曜日

姿は在るもの / Appearance is there.


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

姿は在るもの / Appearance is there.

空へ舞ったハズなのに
息が苦しくて
もがいていたら

水の中
泳げない

手足をバタつかせて
上ろうと
泡に笑われ はじけた

重い気持ちが
先に沈んでゆく それをただ眺めてた

もういいだろう
ジッとしてる それだけで浮いていく

明日はきっと雨だろう
呼吸すればわかる  此処でも
楽しもう

大丈夫 
もう上手くなんて思ってないから
はやく無くていいから

きっと知らぬ間に
止んだ空に舞い上がる
はじけて
カタチなさなくなったとしても

雄大に泳いでる空を







2017年5月8日月曜日

第22回オアシス 国際美術展/OASIS 2017 5.19fri ~ 21sun


アートが乾いた心を潤す。
OASIS 2017
ー 国際美術展 ー
第22回オアシス

今年も出展することになりました
3回目となります

作品が描けて
出展できるとは思っていませんでした
しょーじき出展料もかかりますん(⌒-⌒; )

今年は出展作品の寸評会もあり
ヨーロッパから来日される美術界のお偉いさんが
作品を見定めてくれます

どんな風にとらえられるんでしょうか。。。
当日19日までの楽しみです

当日会社はお休みを頂きまして
出展者として参加します

この5月19〜21日 期間大阪にいる方は是非
観に来てくださいね
入場無料

もしお越し頂けるなら私会場で待ってますので
書き込みお願いします^^

最後になりましたが
会場は
OBPツイン21アトリウム1F 特設大ホール
大阪のJR京橋駅(京阪)から徒歩8〜10分
お気軽に
ご来場ください、お待ちしております

他出展者作品多数ございますので
楽しんで頂けると思います

今回出展者一人一人が主役というコンセプト

作品をポスターにして頂けました
上の写真がそれです♫

作品の元が⬇︎ブログURLとなります
http://www.esoranin.blogspot.jp/2016/11/my-way-to-live.html






2017年5月1日月曜日

強さに、負ケズ咲ク / Not lost in the wind, it blooms.

絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper  380×270


さみしいワケじゃないんだよ

少し朝晩冷えるだけ

だからなんだろうか

赤い顔してちどりあしでも  キモチイイ空気


吹かないでおくれよ

鼻水止まらなくなるから

笑わないでよ  当然のことで 冷えるからでしょ

夜を歩けば  気分がいいのはワタシだけかな

花弁に魅せられて  踊る


焦ることもないんです

少し遅れて踏み出しただけだから

そうゆう風には見えませんか 如何しようも無いですね

祈ってるだけなんてありえないんで


置いていかれるのはまっぴらです

どうせイナくなるんです 風と共に去ってみたいんです

そう上手くはいかないですか

分かってるつもりなんで 


生暖かく湿った風は もう感じてます

しっかり歩けるよもう

そんなに遠くへは いきなり行けないから

その花弁が落ちた先くらいには


もういいんです

酔いも覚めたし 聞きたいことはどうでも

吹いた時に

この時期に

咲ければいいんです



2017年4月24日月曜日

魔はそこに… / The devil whispers.

絵画素材 墨汁・画用紙 380×270

Painting material India ink, drawing paper 380×270


もう憶えていないかもしれない

特に悪気はないのだ

ただ単に そこに居たいだけ


どんなに這いつくばっても どんなに泥水飲んでも どんなに泪流れても

届かない

しょうがないのはわかってる

でも

如何しようも無い 想いが込みあげる


散々打ち負かしてきたハズなのに

見ている 聞き耳を立てている 嗅いでいる
 
ヤツ等がいる

そこに あそこに 今ここに


マタ来たのか

美味しいもんな 好物だもんな この最悪が

打ち拉がれている状況が

いつもの事だよと 強がってみせるから


ほら

大丈夫だよ 笑いが込み上げてくる

カッコいいねお前 そんな姿にもなれんだな

ヤッテやるよ


来いよ

負けないぜ 折れたココロを武器にして

微笑んでやるよ

未来が見えんだ
















2017年4月17日月曜日

満月に燃ゆ 〜不死鳥〜 / Burning full moon ~ Phoenix ~


絵画素材 墨汁・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

満月に燃ゆ 〜不死鳥〜 /  Burning full moon ~ Phoenix ~


散りゆくなかで

聴こえない 

風が吹いて  バラバラになっても

アナタを待ってる

もう無理かななんて  考えてばかり

少し静かにならないかな

攻め立てる常套手段には 慣れっこだけど

時間くれないかな  ほんの少し

それだけで取り戻せる事もあるんだ

いつまでも無邪気でいたらイヤかな

永遠の宇宙に  小さな光

旅するのは  小っぽけなボクだけど

ずっとずっと前を向いて 見せてあげる

いつもの常識と  いつものプライドには

もう飽きたんだ

何度も何度も

散っては  燃やし また尽きる

それでも






2017年4月10日月曜日

やがてあなたは咲かせる /Eventually it blooms.

絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper 380×270

やがてあなたは咲かせる /Eventually it blooms.

少し冷たい流れに あたれば


舞う風

どこにもいないのだけれど ドコデモいたような気がする

たたずむ


揺れることはない


焦ることはない 惑わされることもない

ただ少し揺れた

暖かい南風


踊る

ヒラヒラさせて なびかせて

まとうクリアなドレス

怖いけれど 顔を上げて行くつもりだから


時間かけてごめんなさい

それでも

大胆に 軽やかに 笑顔で

大輪咲かせる

きっと






2017年3月27日月曜日

はなびら舞うんだ / When the cherry blossoms bloom.


絵画素材 墨汁・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper  380×270

はなびら舞うんだ / When the cherry blossoms bloom.

小粒な雨

頬をかすめる

それでも冷たく感じて やけに淋しくなったんだ


誰も知らない

路面が濡れた理由なんて 乾いてく風

ただ前を見ようとしていたんだ


後悔なんてしていない

誰に頼まれたワケでもなく ダマされたワケでもなく

正直な気持ちが 多分風吹かせたんだ


傷つけようなんて思う季節じゃ無い

荒れた砂埃が眼に入っただけ

忘れて


あの日

眼にとまったのは 暖かいゆっくりとした 取り返しのつかない

夕暮れオレンジ


また舞うまでに

ボクはウソに慣れてしまうかな

いやもう

そんなことはない


はなびらきれい





2017年3月21日火曜日

第1回 台日藝術博覧会 〜Art Station 2017〜

台湾
台北駅1F 中央コンコース
2017年 3月24日(金)〜 26日(日)

出展いたします!


    孔雀 〜愛を届ける〜 / Peacock ~Deliver the love~

  http://esoranin.blogspot.jp/2016/09/peacock-deliver-love.html 

台湾に行かれる方は必見です!!!!!
⬇️行けない方も、行かれる方もこちらで楽しんでください⬇️

美術屋 百兵衞
(株)麗人社 発行の美術雑誌となります。

第1回 台日藝術博覧会 〜Art Station 2017〜

台湾の特集と共に
今回の出展も出展情報も掲載しており

なんとボクの作品も、載っています^^
でも「孔雀」は写真が間に合わないのもあって過去の作品を掲載
「ロウソクに灯す」
http://esoranin.blogspot.jp/2015/03/ignite-candle.html


もちろん書店でもamazonでもお買い求め頂けます
No.40 美術屋 百兵衞
美術書ってメジャーな雑誌ではないのでご予約して頂けたらなぁ〜と
願います

⬆️
これは案内チラシハガキ
⬇︎

行きたかったな。。。
諸事情により行けなくなったワタクシ。。。(T ^ T)

誰か代わりに
観に行ってくれませんか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

展覧会報告がまた来ましたら
紹介させて頂くかも
しれませんし
しないかも
しれま
せん
 。


では
新しい作品載せられるよう
精進させて
頂きまんにゃわ

ほな