2018年7月16日月曜日

照らされて、ただよう / Brightly lit、hung in air〜

絵画素材 墨・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


泳いだ雨は
いつの間にか まとわりつく空に

何でもない
いつものこと


これからの事なんて 今はいいじゃない

素っ気ない返事は もう聴き慣れたから
おいてかないでよ
一緒にいたい


ひかった粒は
飛ばないようにしがみついて いつまでもそこに居たそうで

跡を残して消えていった


どこまでも生きたい気持ちと どこまでも逃げたい気持ちは
ボクを悩ますけれど
何処かで また逢えることを 信じてる


巡る季節と廻る惑星

それほど単純で 簡単な 出来事なんだろうけれど
いつか帰らないといけない
かぐやひめ

そんな毎日ではないから
焦らないよ


疲れて
涙して
疲れた

あの日を
忘れないのは 罪じゃない
アナタだから できたこと ここからが物語


オワラナイ
世界を

果てし無い
欲望を

巡らして


泳いだ空は 酷く晴れてしまった


しかたない
いつもの事だろうと つぶやいて苦笑して
汗さえも

天に返すつもりで
上向いて


照らされたら
うまく踊れるようにしておくよ


それまで適当に
漂うよ











2018年7月8日日曜日

輝いて星い / Want you to shine. ~Even if it becomes a star.~


絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


満たされない

そんな毎日は 小さ過ぎて
昼間から酒を呑んでいる オヤジの愚痴ごとが
ヤケに

なかなか抜けない棘のよう


そう
そうしたいのは山々だけど

うまく説明できないワタシはいつも
羨んだ目で
凝視してしまうんだ


いっその事
海にでも飛び込めばスッキリするのかなんて
きっと

泳げない事を思い知らされる


だから願ったりするんだろうけれど
いつも努力が足りず 運の所為ばかりにして
巻末の占いへ逃げ込んでしまうの


イヤなワタシを
情けないワタシを
暗いワタシを

その夜を
満点の星空でゴージャスに輝かしてくれない?

きっと
照らされて
前向きにはなると 思うんだ


少し肌寒いけれど
海風に吹かれながら 待ってる


すごく勝手なのは
わかってる








2018年7月2日月曜日

ひとつぶ〜一体になる瞬間〜 / Hitotsubu ~ moment to become integrated ~

絵画素材 墨・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper 380×270


少し
むし暑い

それでもなんだか
喉が乾くから

ボクは少し

うつむいて

熱いコーヒーにくちづける


どうしたの
何があったの
なんて

云われるのが少し

さみしいから

落ちてくる雨だれを

眺めたフリする


どんどん明るくなる空に

体温が上がって

少し汗ばみ

何食べようかとキミ


眠れなかった夜も

昼過ぎに朝を感じるグウタラな
週末も

大体気怠い日々だから


実は今日もそんな日なので
ダラっとしてる


それでもやさしいキミは
そばにいて

そんな毎日を大事に思ってる


コーヒー淹れようか
マメをひくから

少し

時間かかるけれど
いつものコトだと


ほほ笑んで











2018年6月25日月曜日

あなたを忘れない / Never forget you.



絵画素材 墨・画用紙 380×270
Painting material India ink, drawing paper  380×270



街は静かで 屋根が青くて TVの速報が遅くて

残酷だ


これ以上

それ以上

異常の無いことを望むよ


稲妻が来るまでの 湿った風が心地よく

感じられるかな

きっと


日常は繰り返されるから

辛くても誤魔化して

声大きくして

震えて


勝手に泪

それでも

傷ついた少年を 星になった少女を

ずっと憶えてる


雨粒が多くて

流してしまうかも しれないけれど

ちゃんと記憶(ココ)にあるの


元気な声や すばらしい笑顔

晴れやかに

生きていくから


それでも

アレもコレもは この時間の中で

難しいかもしれないけれど

進んで


冗談云いながら

笑って

想い出すよ








2018年6月18日月曜日

最後に残したの / Finally left.〜sushi〜

絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540



玉子は甘くて苦手だな

明日じゃダメかな どうしても今考えられない

仰々しい

そんな態度じゃ答えられない


すぐ食べたほうが美味しいのはわかってる

でも

そこまで

オトナじゃないんだろうな

きっと


つまらないこと

なんでもないこと

日常にキミ

美味しかったんだね ナマモノは新鮮なうちに

笑顔がステキ


恋していたのは

容器じゃなくて ムラサキだった

そんなことは

いまだから云える


そんなことだから云えない

あの頃とは違うから

愛しているって

ごはんつぶ

取って


甘いんだね

噛みしめるって

そういう事なんだね


こぼしてしまったけれど

もう一度いうから

聴いて


一緒に食べよう








2018年6月11日月曜日

群青色のよる / Ultramarine Night

絵画素材 墨・画用紙 380×540
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540


ひとつでも

ひとかけらでも

ひろがる世界を


みてみたい


そこは

そんな複雑でなく

それだけということもなく


ただ単に在る


よろこびや カナシミは

少しずつで


あんなに楽しんだのに

あんなにしんどくなったのに

あんなに涙があふれたのに


すぐ

忘れるのがワタシ


暗闇がつつむ

静寂

ヒカリに吸い寄せられる

小さな羽ばたきを


眺めてる


遠いキヲク

追いかけはしないけれど


後悔と

アレで良かったんだという

時の流れが教えてくれる


今はもう

薄明るい群青が

待っている











2018年6月4日月曜日

らせんの華  / Spiral flower


絵画素材 墨・画用紙 380×540 
Painting material India ink, drawing paper 380 × 540

らせんの華  / Spiral flower

ザッと


降り出した雨は

いつのまにか止んでいた

通りの向こうでは 小走りで駆けていく

笑顔の人がいた


気軽にあいさつを交わすような

微笑みを

気持ち良く繰り返す


そんな事が

日常であるように 願うように

陽がさす舗道

水溜りを波たてながら 少し蒸し暑さを感じながら


舞う

飛ばされた雲が  空に引っかいた

花びらが

クルクルと ヒラヒラと


何処へいくのか

わからないまま

ワガママな風


さびしいんだねって のっかった

高く高く

大丈夫

あとは

らせんに降りてくから


さびしくなんてないんだよ

いつでも

きてよ

そばに


舞うのは

咲顔の華